よしなりサンガーデン

園芸用品、ガーデニング用品、園芸教室

HOME»  花の球根・野菜種全般»  初神楽 タキイ種苗のダイコン【伸びがよく栽培容易な春どりダイコン!】

初神楽 タキイ種苗のダイコン【伸びがよく栽培容易な春どりダイコン!】

伸びがよく栽培容易な春どりダイコン!

初神楽

タキイ種苗のダイコン 初神楽のお勧めポイント
1 低温下での根の伸びがよい
 根長に育ちにくい栽培時期(年内まきトンネル栽培)においても短根になりにくい品種です。従来の根の伸びがよい品種は収穫作業が大変でしたが、この品種は尻づまりがよく、収穫作業が容易です。
2 トウ立ちが遅く作りやすい
 春どり栽培において問題になる"トウ立ち"は「春神楽」同様に遅い品種です。
3 食味がよい
 肉質は緻密でス入りが遅く、食味がよい品種です。

サンガーデンのセール価格
こちらの品種ですと
小袋(190粒)626円が563円に!(当店で3,240円以上お買い物された方は550円に!!)
上記規格全国一律送料82円
2dl缶17,064円がなんと14,864円に!!しかも送料無料
ペレット5千粒13,500円がなんと11,800円に!!しかも送料無料
と当店でお買い上げいただくと非常にお得です!!



 
 

  • 初神楽 タキイ種苗のダイコン【伸びがよく栽培容易な春どりダイコン!】

  • 販売価格

    626円(税込) 17,064円(税込)

  • ポイント還元1%
  • オープン価格

  • 在庫を確認する

    在庫あり

  • 内容量

  • 通常便希望の方は下記に通常便希望とご記入ください。

  • 購入数

カートに入れる(大)
  • 栽培要点
    1 トンネル栽培における温度管理
    10月下旬~11月中旬まきにおいて、発芽がそろうまではビニールのすそはすかし気味に管理し、胚軸徒長を防ぎましょう。11月下旬~12月中旬まきにおいては、播種直後から低温による花芽分化が発生しやすい時期になるため、保温に努めましょう。生育中期(抽根開始期)以降は蒸しこみすぎると葉勝ちになり、根の肥大が遅れるため、換気が遅れないよう注意しましょう。
    2 土壌水分に注意
    土壌が乾燥しすぎると発芽の不ぞろいが生じ、収穫物のばらつきにつながります。また、ひげ根の発生が多くなったり、横縞症の原因にもなるため注意が必要です。
    3 適期播種を心掛ける
    むやみな早まきや遅まきは、根形の乱れにつながるので適期播種を心掛けましょう。トンネル栽培では、11月下旬~12月中旬まきが播種適期です。
    4 ベタがけ資材の利用
    播種直後から生育初期は低温感応しやすい時期にあたり、特に12月中旬まきにおいては生育の促進と抽苔の回避を目的にしたベタがけ資材の利用がおすすめです。

    タキイ春ダイコンの使い分け
    春どりでは、「トンネル栽培の温度管理」のほか、品種選定が良作のポイントになります。品種選定においては栽培する時期の根の伸び方が重要です。
     「初神楽」は「春神楽」よりも低温下での根の伸びがよい品種ですので、一般地や、暖地のトンネル+マルチ栽培においては、3月下旬~4月上旬どりなら「初神楽」が、4月中下旬どりなら「春神楽」が適します。また、下表の通り4月下旬以降は「つや風」、「トップランナー」が適しますので
    、栽培時期によって品種を使い分けてください。
    リレー栽培


  • 業界最安値 激安 通販 徳島市

関連商品