営業時間 9:00~17:00|定休日 日曜日、祝日

×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

HOME»  培養土について

培養土について

野菜や花など、育てる植物によって好む土があります。
培養土を使用することで、植物にとって快適な環境に近づけ、健康的な植物を育てることができます。培養土には多くの種類が有るため、植物に合わせた選択を行うことが重要となります。

培養土とは

培養土とは

培養土とは、数種類の用土や肥料を配合した土のことです。野菜や観葉植物向けに養分を配合している場合が多く、それぞれに適切となるように、水はけや水もちが調整されております。
培養土の容量の半分以上が「基本用土」と呼ばれる土です。
残りが「改良用土」と呼ばれる養分などを掛け合わせて植物ごとに最適となるよう、様々な改良を施している土となっております。

培養土の種類

培養土には多くの種類がございます。
様々な植物に広く使用できる「汎用タイプ」のものから、粒状で水はけに優れた「粒状培養土」、粒が細かくなっている「種まき、挿し木用培養土」や、油粕や有機肥料がまぜられている「有機培養土」などが代表的なくくりとなります。

培養土の使い方

培養土の使い方

プランターや狭い範囲の畑などであれば、育てたい植物に合わせた培養土を購入いただければそのまま使用していただいて構いません。
広範囲の畑に使用する場合は、土の酸性度や固さ、通気性や水はけ、栄養分など様々なものを加味し、適切な基本用土、改良用土を使用して土壌改良を行う必要がございます。
培養土を選択するポイントは「肥料分」がどれだけ含まれているかどうかです。
ご不明な場合はお気軽に当店へお問い合わせください。